電子決済として使えるアイウォレット

安全な入出金方法・アイウォレット

安全な入出金方法・アイウォレット

オンラインカジノは海外に拠点をおく業者によって運営されています。安全に決済をおこなうには、電子決済サービスの利用が必須です。

オススメのアイウォレットについて

電子決済サービス業者のなかで、「アイウォレット」を選ぶカジノプレイヤーが増加中です。概要を紹介しましょう。
「アイウォレット」を利用すれば、オンライン上で決済を代行してもらえます。海外の業者であっても、インターネットを利用しますから問題ありません。スピーディに決済をおこなえますから、利便性の高いサービスとなります。
「アイウォレット」は2013年に設立されており、比較的新しい企業です。以前は対応カジノが少なかったのですが、徐々に増加しています。現在では多くのカジノが対応していますから、世界中のプレイヤーによって支持されています。

アイウォレットの活用方法

オンラインカジノでギャンブルを楽しむためには、登録を済ませて入金を完了させなければなりません。
「クレジットカード」利用により入金を完了できますが、複数のオンラインカジノで遊んでいる場合には、資金の管理が大変になってしまいます。また、海外の業者へ決済をするわけですから、一般的な銀行で管理することは困難です。
そこで、「電子決済サービス」の利用が推奨されています。
そして、おすすめのサービスは「アイウォレット」です。
こちらを利用すれば、複数の業者との決済を一括で管理できます。
「入金・出金」のいずれにも利用でき、口座内で収支を管理できますから、現時点での「プラス・マイナス」をしっかりと把握できます。

アイウォレットの活用方法

「ギャンブル」に勝つためには、資金管理が大切であることを肝に銘じておきましょう。

アイウォレットを利用するメリット

電子決済サービスは「ギャンブル」以外にも活用の場面があります。海外の業者との決済全般に利用できますから、ショッピングなどへの活用も可能です。
もし、「口座の開設」を急ぎたいならば、「アイウォレット」を選んでください。ほかの決済サービス会社よりも「口座の開設」を短時間に完了させられます。
具体的には、メールアドレスと簡単な情報を入力するだけで、口座を開設できます。入力に慣れたひとならば、「ほんの3分」程度で完了します。

ほかに、これだけ短時間で口座を開設できる業者があるでしょうか?

スタンダード会員とエグゼクティブ会員の違い

口座を開設させた段階では、一番下のランクである「スタンダード会員」です。この状態では、口座の利用上限が「1000ドル」程度となりますので、使い勝手が極めて悪いことになります。
利用上限を撤廃するためには、「エグゼクティブ会員」へのアップグレードが必要です。
また、利便性の高いプリペイドカードを取得するための条件も「エグゼクティブ会員」であることとされます。早期に口座をアップグレードさせましょう。

口座のアップグレード方法について

口座をアップグレードさせるためには、詳細な個人データを提出しなければなりません。とくに重要となるのが「KYC書類」の提出です。
これは、「本人確認書類」と「住所確認書類」のことですから、早めに該当書類をそろえましょう。一般的には、「運転免許証」と「公共料金明細」を利用します。

利便性の高いアイウォレットカードについて

「アイウォレット」では、国際ブランドのプリペイドカードを発行しています。こちらは「VISAプリペイドカード」となっており、あらかじめ「アイウォレット口座残高」から現金をチャージしておけば、加盟店でのショッピングや加盟ATMからの出金に対応しています。
もちろんセキュリティ面も万全を期しており、ICチップ内蔵していますから安心です。プリペイドカードはチャージ残高が利用限度額となります。
そのため、クレジットカードのように使いすぎてしまう心配がありません。

また、万一の盗難に際しても、被害がチャージ残高を超えることはありません。当然ながら、紛失や盗難の場合には万全のサポートを受けられます。

アイウォレット口座への入金方法

アイウォレットへの入金方法は、「クレジットカード」を利用する方法と「国際銀行入金」による方法があります。
一般的には、「クレジットカード」による入金が推奨されています。
利用できる「クレジットカード」は「VISAブランド」とされていますから、確認のうえ準備しておきましょう。

アイウォレット利用に対する注意点

アイウォレット利用に対する注意点

利便性の高い「アイウォレット」ですが、「手数料」には十分注意してください。
たびたび「変更」があり、なるべく最新の「手数料」情報を収集してください。公式のホームページから情報収集すればOKです。
ポイントとなる「手数料」を記載しましょう。とくに「VISAプリペイドカード」における「手数料」に気を付けてください。

まずATM取引ですが、取引額の「2%(最小限額3.5ドル・最大上限額7.5ドル)」がかかります。以前は「3.5ドル固定」だったので、「変更」されています。ま
た、月額の維持費用は「3.5ドル」となっており、以前の「1ドル」から大幅に引き上げられています。
「変更点」は随所に見られますので、利用に際しては情報収集を怠らないようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です